結納金と結納返し

結納の服装

結納の席での服装は正装と略装があります。

正装なら婚約される男性本人は略礼服、親御様と仲人は紋付袴かモーニング服です。 女性本人は振袖、親御様と仲人は色留、留袖です。 略装ならば男性本人であれば色の濃いスーツ、父親と仲人は略礼服になります。 女性本人は訪問着やスーツ、ワンピースがよいでしょう。 母親と仲人は訪問着か付け下げ、色無地、もしくはスーツ・ワンピースです。 女性はネックレスやイヤリングなどの飾品類は真珠のものを選んで身に付けます。 男性の靴は紐のついたもの、女性は服装にあわせたフォーマルなものを選びましょう。 男性のネクタイは略礼服であれば白か白に近いグレーで柄の無いものを選びます。 白黒の縞模様のネクタイはモーニング用になります。 ダークスーツの場合は落ち着いた色と模様のものを選びましょう。

また祝儀扇子を携帯するのも忘れないように。 結納の場では縁起が良くないのであまり使わないほうがよい忌み言葉というものもあります。 手土産にヨウカンなどの「切る」ものを用いないこともそうですし、祝膳の席で割り箸を 出すと「割れる」の響きから破談が連想されてしまいますので、避けるべきものです。 他にも結納の際の忌み言葉には「わかれる」「切れる」「破れる」「割れる」「ほどける」 「離れる」「流れる」「重ねる 」などがあります。 あまり細かいところまで気にしすぎるのも良くないですが、これらを無神経に使うのも 喜ばれることではありませんので気をつけましょう。